水を食む

自分を水に合わせるのです。水を自分に合わせるのではなく。

タグ:原因

 人間は、日常生活で一番足を使うと言います。毎日使っている足。やはり、病気にもなりやすい体の一部だったりします。

 最近は、その足のなことで悩んでいる人が増えています。特に、巻き爪で悩んでいる人が増えてきているようです。

 巻き爪が起きる原因としてあげられるのが、爪をきらないで自分の足のサイズに合わない靴を履くときによく起こると言います。

 特にハイヒールなどの先の細い、足の指先が窮屈になってしまうような靴は、外見は美しく見えますが、足に合わない靴となってしまい、巻き爪の原因になったり、足の病気の原因を引き起こしてしまいます。

 ハイヒールなどの先のとがった靴を、日常的に使っていると爪が剥がれてしまうこともあるそうです。

 何故先の細い靴は、巻き爪の原因になってしまうのでしょうか?それは、先が細くなっていると、足の指先全体が圧迫され、爪も圧迫されることになるからです。長い間この生活を続けていると、爪は横から圧迫され続けて、最終的に巻き爪になってしまうのです。

 また、逆に大きすぎる靴も巻き爪の原因となってしまいます。大きすぎて自分の足に合わない靴を履いていると、必然的に足が余計に動くことになります。その際に、指の先が靴にあたって、つま先に負担がかかり、夢が圧迫されて巻き爪の原因となってしまうのです。

 最近では、病院で巻き爪の治療や、矯正をしてくれるところも増えてきています。巻き爪の矯正の一つに、超弾性ワイヤーというワイヤーを使用した矯正治療があります。

 この方法は、爪の先に穴を二か所開けて、そこにワイヤーを通して行き、超弾性ワイヤーが持っている特有の「まっすぐになろうとのびる」機能を利用して、爪を伸ばしていくことで、爪が平らになるように調整していくのです。

 これは、爪の形によったり、爪の薄さや厚みによって、巻き爪矯正が合わない場合もあります。

 このワイヤーによる矯正治療は、入院もしなくていいし、病院に通う数も少なくてすみます。そして、痛みも感じないので、とても便利な矯正として注目を集めています。

 欠点としては、保険がきかないということと、この矯正を実施している病院が少ないということです。ですが、保険の方はそこまでワイヤーにかかるお金が高いわけではありません。数カ月から、半年持つレイヤーで4000円程度になっています。

 あまりにも、巻き爪がひどくて手術しようかな・・・っと考えている人もこの矯正治療を試してみてはいかがでしょうか?

ブログネタ
健康雑学 に参加中!
 水ぶとりとは、下半身太りとも言われるもので、女性で悩まされている方も多いそうですね。診断をしなくても、鏡を見てすぐに自分は下半身ぶとりだと判明してしまうものです。

 たくさん食べているわけでもない、上半身はそんなに太っていないのに、何故か下半身にお肉がついている・・・。悪く言うならば下半身デブと言われてもいます。

 酷いものですよね・・・しかし、単なる太っているだけならまだしも、水ぶとりは立ちくらみやだるさ、喉の異様な渇きや舌が白くなる舌苔に悩まされる原因になることも判明しています。これらは、余計な水分が体の中に溜まってしまうからです。溜まることによりむくみが生じてきます。

 そんなつらい症状も起こし、見栄えも悪くする水ぶとり。しかし、ご安心ください!水ぶとりを解消するつぼ押しや、漢方がございます。

 もちろん今後水ぶとりになるのを防ぐこともできますので、今は大丈夫でも予防したいという方にもおすすめです。

 水ぶとりの漢方は、むくみや下半身ぶとりだけでなく、汗かきなどの症状にも効果があります。他にも冷え症や低体温、血行不良などにも効果がありますので、水ぶとりにより立ちくらみの症状が酷い方にもおすすめできると思います。

 漢方ですので、天然の薬となっています。化学成分の入った薬とは違い、安心して飲むことができますよ。毎日続けることにより、必然的にむくみが解消し、水ぶとりにも効果があります。水ぶとりさえ解消してしまえば、あとは立ちくらみや冷え症やだるさや舌苔の解消にも役立ちますね。

 漢方薬を使うのと同時に、下半身ぶとりのつぼ押しを試すと良いと思います。足の適切なツボを押すことにより、水ぶとりに効果があるようです。

 つぼを押したときに痛ければ、効いている証拠です。つぼ押しのマッサージは痛いところが悪いところの目安です。ものすごく痛ければ、相当悪い症状ということになりますね。漢方とつぼ押しを的確に利用して、つらい水ぶとりを治してください。

 水ぶとりが治れば、足を見せるお洋服を着るときにも恥ずかしい思いはしませんので、楽しく過ごすことができると思いますよ。

 体調も良くなりますので、一石二鳥ですね。もちろん、つぼ押しや漢方を使って水ぶとりを防止するのも良いと思います。すっきりとした下半身を手に入れるために、健康維持をするために、しっかりと水ぶとりを解消させてください。

 ご自分の努力次第で、美しい下半身を手に入れることができますよ!

ブログネタ
腰痛 ひざ痛 肩こり 関節痛 に参加中!
40肩は、その名前の通り40歳をすぎてから起こる症状のことです。40肩は、40再未満の人でもなりうる病気なのですが、軽い症状では、「肩が何となくいつもと違う。」「運動などをして体を動かすと、肩に痛みが来る。」「寝ていると肩に痛みを感じてしまう。」などという症状が見えてきます。

人は年齢を重ねていくことによって肩の鍵盤という部位が少しずつ傷んできてしまいます。それによって起こる症状が40肩なのです。

痛みがあまり激しくならなかったら、シップを貼ったり、肩を冷やさないように温めておくことによって痛みが治まる場合が多いようですが、なるべく安静にしておくのが一番です。40肩が進行していくと、肩の前部分に痛みを感じてきて、腕がちゃんと上がらなくなったり、肩の動きが制限されてしまいます。この段階になると自分で治療法を編み出すことは難しいので、すぐに医者に行くのが簡潔です。肩が痛くて、床や壁などに肩を接触することですらできなくなってしまったりの生活上での支障をきたしてしまう場合もありますから、「年だからこうなっても仕方がない」と思わずに専門家の指示をきちんと聞くようにしましょう。

少しでも、肩が痛いと感じたら、それはもしかすると40肩かもしれません。症状が少し軽い場合は放置をしても1〜2年程度で自己治癒する場合が多いですが、肩が居たくないのなら、日頃からストレッチなどをして肩の筋肉をいつでもほぐしておくことが良いでしょう。肩の筋肉を柔らかく保つことで、40肩のような重い症状もある程度防げるのです。

40肩になる原因としてあげられるのは、寝違えた・筋を痛めた・肩こりから悪化してしまった、などがあげられています。症状は痛みと共に突然肩があがらなくなり、一定の位置から腕を回すことも不可能になってしまいます。

適切な治療法としては、痛くてもゆっくり腕を後ろに持ち、両腕を交互に動かします。その後に痛くてもできる範囲で肩を回すストレッチをします。この時に肩を動かすことをしないと肩がどんどん固まってしまい、治りにくくなってしまうので注意しましょう。

自分で何とかならない場合は接骨院などで、テーピング治療やストレッチを習うこともオススメです。痛くても、我慢してストレッチなどして、筋をきちんと柔らかくすると、5ヶ月ほどで治ることもあるそうです。

40肩は、かかると一生治らなさそうな病気に見えますが、自分の行動や努力次第でちゃんと治る病気です。ですから、40肩になってしまったから…っといってあきらめないで、きちんと病院に行くことで治すことができるのです。これから40肩にかからないためにも毎日のストレッチをしておくのも良いですね。

このページのトップヘ